ライブスケジュール訂正のお知らせ

    しばらくライブ続いてたり、ドタバタで更新を怠っております・・・

    お立ち寄り下さってるみなさま、すみません、ありがとうございますm(__)m
    今月あと二つライブ終えたら少しずつだか一気にだか、ここの所の思いに残ってるそれぞれ特色のあったライブレポ書きたいと思っておりますので、懲りずに覗いて下さいね


    ところでライブスケジュールで11月29日土曜日「ルクラブジャズ」でのライブ、
    開演PM8時からと書いてましたがPM7時30分からなのでしたm(__)m。
    え、、、もう明日じゃないですか^^

    ご予定に入れて下さってる方には大変申し訳ないm(__)m大丈夫でしょうか?もちろん途中からでも来て下さいね

    ご予定されてなかった方もこれを読まれて、あ、行けるわて方は、是非いらして下さいねっ^^!!!


    まずは訂正、お知らせ、お願いまでm(__)m


    スポンサーサイト
    line
    line

    comment

    管理者にだけ表示を許可する

    ご出演おめでとうございます♪

    ル・クラブ・ジャズ、出演されるのですね!
    きよぴ~リーダーバンドでしょうか?
    ほんとにすっごく寄せていただきたいんですが、
    先約があって…。残念です。
    またされるときは教えてくださいね。

    朝倉聖さん、歌始めた頃、なんにもわからんのに(今もわかってないけど)御世話になった方です。あちらはもう覚えておられないと思いますが(^^;)

    ありがとうございます^^♪

    e-267な~みさん

    あ、リーダーバンドではないのですよ~^^e-330
    実はいつもはバイオリンのRさんカルテットなんだそうで、
    今回Rさんの予定があわなかったそうで、ばっきーさんがフロントに呼んでくれたのでした~^^e-53

    そういえばルクラブでライブ出演て初めてなんでしたe-330
    お客ではちょこちょこ行くし昔々はセッションへ行った事もあるのでそんな感じがしてなかったんですが^^。
    また機会あったときは是非来てくださいねe-343

    朝倉さん、私は初対面になります。
    な~みさんのこと言ってみますね^^e-266
    ほんと狭い世界でどこかで繋がってますねe-420

    21日のSOENでは、すばらしいライブを聴かせていただきありがとうございました。
    フルートの音に飢えていたので、たっぷりと聴けたのは嬉しかったのですが、1stセットの終りに「2ndではアルトフルートをお聴かせします」と期待させておきながら、結局、一曲だけというのはムゴイ仕打ちでした。

    演奏される音楽がどうのこうのと言うまえに、まずフルートやベースの音色に魅了されるということがあり、とくに衛藤さんが弓を使ってオブリビオンのイントロを奏かれたときはSOEN全体が打ち震えるのを感じました。そして黄金のフルートがメランコリックなメインテーマを奏ではじめた瞬間、音楽の至福の中にいるのを感じました。

    この曲の途中で鍵盤ハーモニカを使われたのは好みの別れるところかと思います。
    池田さんは1stセットの曲たちを「民族色の強い」と表現されていましたが、何かそのようなものに対する嗜好が池田清美の中にあり、バンドネオンを模した鍵盤ハーモニカの使用はそこから出てきたものと思います。
    大都会の場末の街に蠢く人々のノスタルジックな情念を土壌として生まれたタンゴの不可欠な要素としてバンドネオンがあり、遠い異国の我々の感情をも強く刺激するのですが、鍵盤ハーモニカが醸し出す異国情緒は、それとはやや異質のものであるように思われます。(イメージとしては、古き良き時代のパリの下町でしょうか)
    オブリビオンを私は、高井ひろみ、久保田雄大のデュオで初めて聴いたのですが、彼のギターはノスタルジーの甘さを拒絶した硬質な抒情を可能にしており、ピアソラの精神の基調を私はこのデュオから教わりました。
    タンゴのオールドファンにはピアソラを嫌う人も多いというのは、このあたりの事情が関係しているのかもしれません。

    Blame It On My Youth,Everytime We Say Goodbyは高井さんの提案でしょうが、最近の彼女のベスト・パフォーマンスであったように思います。こういう心の微妙な機微を分かち合える池田さんの存在が大きかったのではないでしょうか。

    Spainはやや不満が残りました。ユニゾンの部分は、まず一瞬の静寂があり、フルートとピアノのユニゾンが入り、わっとリズムが出て来るというのがふつうのやり方でしょうが、我々素人はそのケレンミが堪らないのですが、そういう麗々しい部分を強調しすぎることで、曲の本質が損なわれるとお考えになったのでしょうか。

    Shenandoahをレパートリーにしている人を池田さんの他には知りませんが、この曲のどこが池田晴美の琴線に触れるのか興味のあるところです。
    昔、自宅にこのレコードがあり、よく聴いていたのですが、ライナーノーツでこれが男女の駆け落ちの歌だと知り、曲想とのあまりのギャップに驚いたことがあります。
    今回聴きながら、逃げてゆく男女の後姿が遠景となり、しだいに周辺の河や岩山が雄大な姿を現しはじめる様が映像となって浮かんできました。

    池田さんにはもっともっと色々なジャンルのミュージシャンとコラボレーションをしていただきたいと思います。音楽的な志向も、包容力のある人柄も最適であるように思います。
    たとえば、タンゴ・ヴァイオリンの柴田菜穂さんとの共演などは是非聴いてみたい組み合わせです。
    ちなみに、30日にSOENに来られるシタールの田中峰彦さんは柴田さんとはよく共演されています。

    http://www.nahovn.com/

    カウンター席の・・・

    e-267nunさん

    わぁe-267すごく丁寧に書いて頂き感激ですe-267m( _ _ )m!!
    この度はほんとうにありがとうございました。
    リーダーバンドはまだ何年か後に出来たら位にしか思ってなくて、まさか今年にするとは思ってもいなかったのですが、やってみてよかったですe-343!!

    改めて、自分の好きな曲の傾向がわかったり、同じ曲でも構成やアレンジ少し考えたり、メンバーのイメージによってこうしようとか考えるのは楽しいし勉強にもなりました。

    Blame It On My Youth,Everytime We Say Goodbyも実は私の選曲なんですよ^^。
    ひろみさんがよく弾かれるレパートリーだったのでしょうか?彼女とは何かいろんな面でご縁を感じます。
    一緒に演奏したことで、何か化学反応起きたなら、こんなに嬉しい事はありませんe-420
    ひろみさんの音、きれいでしたねe-266!それに人の音を聴き逃さず全て素直に受け入れて下さり、私も気持ちよく吹かせて頂きましたe-343

    衛藤さんの弓を使ったソロ、ほんと絶品でしたねe-266
    ベースソロする曲が少なかったので、ベースフィーチャーの曲考えたらこの曲メロディをベースでもきれいかな、と相談した所、メロディでなくイントロをソロして下さることになり、これが大正解でしたね^^!!
    私も世界に入らせてもらいやすかったです^^!!

    スペインは冒頭にアランフェステーマもしくは違う前置きを吹いてから始めることもあるのですが、曲順で前の曲がアルトのスローだったことなどでいきなり始めたんだったと思います。でも全く違う曲でしたし、MCで間も開いたしつけてもよかったですね。

    あ、アルトは1曲では不服でしたか、、、すみません^^e-3301曲します、て言えばよかったですね。

    Shenandoauは好きです~e-415民謡系はフルートに合う気がします。歌いやすいです。
    アメリカへは行った事ないですが、愛と雄大な風景はイメージして吹いてますので、映像が浮かんで下さったというコメントはめちゃくちゃ嬉しいですe-420!!リンクしましたね^^e-343

    色々ご提案、ありがとうございます。
    ご縁があれば、ジャンルは問わずにさせて頂いてますので、いつかそんな組み合わせも廻ってくるといいですね^^e-343

    精進していきたいと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    ありがとうございました。

    line
    line

    FC2Ad

    line
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    line
    プロフィール

    kiyofl

    Author:kiyofl
    幼少時代、テクニトーンを弾き遊ぶ。
    小学5年生の冬頃、フルートを始める。
    中学時代は合唱部に所属。
    堀川高校音楽科を経て、同志社女子大学音楽科卒業。
    大学在学中より、フルートの講師活動、演奏活動を開始、(・・・間、省略・・・)現在に至る。

    元々クラシック中心だったものの、縁は巡り、最近はジャズなどを演奏する機会が増えています。

    line
    ライブスケジュール

    2018年

    2015年10月より家事情により
    演奏活動をお休みしておりましたが、、
    2016年4月より、時折、、
    演奏させていただいておりました。

    2018年現在、再びお休みしておりますが
    いつか、少しは復活できたらと。。。

    どうぞよろしくお願い致します。




    line
    リンク
    line
    最近の記事
    line
    最近のコメント
    line
    月別アーカイブ
    line
    カテゴリー
    line
    ブロとも一覧

    アマ1185の「saxよもやま」

    よぴのGirl Talk
    line
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    line
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    line
    ブログ内検索
    line
    FC2カウンター
    line
    QRコード
    QRコード
    line
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    line
    sub_line